五大堂、方位を表す干支と人生の透かし橋



松島観光名所、五大堂

五大堂、ただ見ると普通のお堂じゃんと思うけどね。

よく見てみよう、面白いから!

 

五大堂_3228-1

五大堂は松島湾の中で目にする観光名所です。

瑞巌寺のお寺のを守るようにお寺の前に有ります。

実際に東日本大震災が有った時

五大堂が有ったから、

津波が瑞巌寺の手前で止まったという事実。

へぇ~そうなんだ~、と感心します。

 

五大堂は、

見てみると、ちゃんとした島になっています。

それもちゃっこい(小さい)かわいい島なんです。

重要文化財なんです

五大堂_3931-1

ここから少し上がっていきますと

五大堂_3939-1

「瑞巌寺、五大堂」ということは、

瑞巌寺のものなんでしょう 知らなかった、

 

HITACHIさんが看板作ったのか

な?

「この♫、看板♪気になる♪気になる♪」

 


出ました!

透かし橋

ここでスマホ落とさないように

注意してください。

 

透かし橋は、

五大堂_3960-1

江戸時代中期にはあったんですって、

東日本大震災にも耐えてます。

(松島湾自体が震災よけになってる)

 

この透かし橋、交際している男女なら、

浮かれないで足元をしっかり見て

相手を見定めよ という橋です。

松島の縁結び3つの橋と寺院も見てください

 

五大堂で~す

ちょっとカメラ斜めですね。

五大堂_3966-1

ちょっと斜めに写真になってごめんなさい、

ここに来る観光客の人は、

「なんだチッチャイ建物」と思っているだろうな〜。

 

五大堂_3961-1

坂上田村麻呂が毘沙門堂を建てた後に、

慈覚大師が五大明王を祀り、土台等になったとな。

 

大明王だから、五大堂なんだ。

現在の建物は伊達政宗さんが作ったんだとさ。

(実際は宮大工だろ〜というツッコミは無しね)

 

アレ〜?十二支の絵がある

五大堂_3994-1
ひつじ?やぎ? ひつじだろ!

五大堂_3973-1



にわとり

五大堂_3975-1

いぬかな?

五大堂_3977-1

いのしし

五大堂_3979-1

ねずみ?

五大堂_3980-1

うしだね

五大堂_3982-1

寅だと思う、 伊達の政宗ちゃんは虎見たこと無いでしょ

五大堂_3984-1

兎はわかりやすい

五大堂_3987-1

写真ボケているけど、龍だね
やっぱり一番かっこいいね

五大堂_3988-1

巳、ヘビさんですね

うまさんがかわいそう

五大堂_3993-1

なんで?

うまさんが五大堂の看板に隠れているんだろう。

 

そして五大堂の周りに、

どうして十二支が書かれているのか?

ちょっと調べてみました。

十二支と方角

十二支

十二支が五大堂を守っているかのように描かれている

五大堂を一周すると12年になる

のか逆回りしたら12年若返るかも?

 

うまさんの方角が南なんですね、

当然正確に干支と方角は位置があっているようです。

 

馬さんの彫刻は、五大堂の表札をつけるために仕方なくなんでしょう。

 

エジプトのピラミッドみたいに 方角まで計算されているとは。
(iPhoneのコンパスで見ればよかった)

行ったらコンパスで確かめるのも楽しみですね。

ちょっと感動モノでおもしろいですね。

もっと調べれば十二支と方角、

面白いものがわかるかもしれませんね。

 

夕暮れのシルエットもいいね

五大堂_3996-1

いろいろ考えてたら、夕暮れにまりました。

 

モノトーンになった五大堂

観光名所のことを知らないと
ふーーーーーんということも多いけど、

興味を持ってみてみると、

面白いことに気がつくもんですね。

 

人生の面白さって

自分が作るもんかもね(偉そうにごめん)



  

コメントは受け付けていません。