仙台東照宮行ってきました。



仙台東照宮

東照宮と聞けば、日光東照宮が一番有名ですね。

仙台にも徳家康公を祀った「東照宮」があります。

徳川家康公が神様となって仙台の街も見守っていただいているのでしょう。

訪れた日は9月20日の晴れた日でした。

七五三の日が近づいていたので仙台東照宮にご案内が掲載されていました。

小さなお子さんが着飾っている姿が見たいものです。

仙台東照宮は、政宗に継ぐ二代藩主、伊達忠宗が創建した神社で、「政宗が育んだ〝伊達〝な文化」の厚生文化遺産です。

仙台東照宮は重要文化財になっています。

仙台東照宮の祭事は正月の初もうでどんと祭節分の豆まき七五三などがありますし、仙台骨董市も開催されます。

仙台骨董市
毎月第4

日曜日にAM7:00~PM3:00 

仙台東照宮のご利益

東照宮をお参りする後利益は

これだけたくさんあります。

災い、不幸なんでもOKという感じですね。(笑)

縁結び商売繁盛家内安全合格祈願、エトセトラ

交通安全で車のご祈祷も行うそうで

その場合は、一番上の駐車場まで行ってご祈祷していただけます。

思いやり駐車場には7台ほどの駐車場しかないので、

一般の方はちゃんと第2駐車場か第3駐車場で車を止めて

石鳥居から挨拶をして入っていきましょうね

一番最初の鳥居は石鳥居です。

この石鳥居の前であいさつをして、門の端っこから入りましょう。

真ん中は神様が通るので真ん中は避けましょう。

参拝時間は1時間ほどもあればゆったりと過ごせます。

石鳥居をくぐり参道を歩いて見えてくるのは

石灯篭

石階段の橋に石灯篭がずらりと並んでいます。

きれいですね。

この石灯篭は重要文化財になっています。

階段の上り切ったら門があります。

随身門(ずいしんもん)

この随身門も立派なもんですね。

この門をくぐると本殿が見えてきます。

唐門

この唐門も重要文化財になっています。

説明文が書かれていましたが薄くなってしまいよく読めなかったのが残念です。

唐門の奥に見えるのが本殿です。

唐門の隣から見ると

重要文化財の本殿に徳川家康公の分霊が祀られています。

日光東照宮を見学して改めて仙台東照宮を見ると

似ていると思いました。

東照宮の作りとか門の作りとかまねているのでしょうか(私見)

仙台東照宮の社務所

御朱印帳もここで書いていただけます。

おみくじ引いてみました。



おみくじもいっぱいですね。

 

本殿の隣に社務所がありますので車の交通安全祈祷の受付、おみくじ、絵馬、ご祈祷などができます。

古峯神社

隣に古峯神社があります。

よくわからないのでググってみると

栃木県鹿沼市に立派な古峯神社(ふるみねじんじゃ)があるようです。

 

なぜここに古峰神社があるのか?

伊達政宗と徳川家康と古峰神社の関係は?

 

公式サイトはhttp://www.furumine-jinjya.jp/

GoogleMap

でサイトを覗いてみると

ヤマトタケルノミコトを奉っている神社の様です。

調べたブログは、

ヤマトタケルノミコトは天狗であるようで、実は東北と関係が深いことが書かれてあるブログがありました。

こうしてみると面白いですね。

ブログ→天狗の古峰神社(栃木県鹿沼市)

仙台の六芒星

仙台東照宮
青葉神社
大崎八幡宮
榴ヶ岡八幡宮
愛宕神社
仙台城本丸

この6点を結ぶとイスラムで有名な六芒星が現れてくる。

仙台東照宮は鬼門とされて、災いを防いでくれる位置に存在しています。

仙台の六芒星はまだまだなぞが多く、興味がそそられます。

仙台東照宮のアクセスと駐車場

一番込み合う季節は、正月三が日の初もうでの季節です、

駐車場は第一、第二、第三駐車場があり50台ほど車が駐車できます。

平日土日も十分駐車できると思いますが、

催事があるときの参拝は駐車場がいっぱいのことも考えられます。

社務所に一番近い第一駐車場です。障がい者のため思いやり駐車場と交通安全のご祈祷する車の駐車場

第二駐車場が一番広く駐車も楽にできますね。

その時は電車の利用を考えてみてください。

東照宮の最寄りの駅が「東照宮駅」です。

東照宮駅は仙山線(せんざんせん)で仙台から一駅でとても近いです、

正月初詣なら電車がおすすめです。

コメントは受け付けていません。