仙台七夕の由来

仙台七夕は8月7日前後に行われます

普通に七夕と言えば7月7日ですよね

どうして8月なんでしょうと思いませんか?

旧暦の暑い時期に開催

 

Wikiでは

七夕(たなばた、しちせき)は、中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。

七夕は夏の行事で日本だけでなく、アジア全般にある行事だったのですね

中国が発祥らしく、
漢の時代に編纂された「古詩十九首」に初めて出てきたそうです。

七夕は仙台が発祥でなく中国が発祥、アジアの人たちに愛された行事なのですね

8月に行う理由は、旧暦を表している

仙台では

元々仙台にあった七夕を
昭和2年に仙台商人たちが仙台七夕を復活させたました。

それがすごく人気が出て
翌年の昭和3年に旧暦の8月に行うことを決めたそうです
その目論見はお盆の方が人が多い、お客さんがたくさん来る
という魂胆があったのかな?

まあ、そんな気持ちはあったとしても
今日日本中が仙台七夕は有名になり

吹き流しが海外にも紹介されることになったの嬉しいですね仙台七夕情景

 

仙台七夕由来

中国から伝わった『七夕(しちせき)伝説』『乞巧奠(きこうでん)』
そして日本古来の風習『棚機(たなばた)』が代表とされます

七夕(しちせき)伝説
織姫と彦星が年に一回7月7日にだけ天の川で会得るあの物語
仙台七夕は雨が降り時が多いように思えますが、
星空では雨は関係ないから1年に一回のデートを楽しんでいることでしょうね

乞巧奠(きこうでん)
織姫は機織りが上手です。手芸など上手になれるように旧暦7月7日にお祈りします

棚機(たなばた)
『古事記』の日本古来の神事で、日本は農耕民族で水神(水の神様)の信仰です

以上のお那覇市が降り混ざり現在のお話になったとのこと

仙台七夕物語

(注、個人的な作り話)

天帝の娘である織り姫は機織りが仕事です。

まさにキャリアウーマン如し仕事の邁進する織り姫であった。

親父の天帝はあまりにも仕事に熱心なので「これでは結婚できないのではないか?」と心配した。

心少し不安もあったが、天の川の向かい側にいる牽牛と引き合わせた。

何をするにも一生懸命な織り姫は

あっという間に牽牛を見ると、すきすき、ラブラブモードになってしまった

天帝は「マジか?!」と驚いたが、その熱烈ぶりを見て自分の若い頃を思い出した

そうすると若い二人で、織り姫は初恋であったので

もうアイドルの追っかけのように、

寝ても覚めても、「牽牛様、牽牛様」といつも目はハート

そうなると女性は強いものですね

仕事もできない、食事も喉が通らない

コリャア、いかん、

仕事はしないから収入もなくなり、食事もほとんど摂らないから健康に悪い

天帝は、愛する二人だが、年に一度だけ合わせるようにしよう

織り姫と牽牛はそれを承諾し

7月7日(旧暦)だけ会ってデートを重ねるとのこと

そのため以外に7月7日は雨の日が多い

それは、年に一度だから二人のラブラブのデートを

下界の人間に見せないようにしているとのこと(自論)

じゃあ、晴れた日はオープンデートですな、なんと過激な。

仙台七夕飾り付けの意味

笹にに飾る7つの飾り付けの意味

  1. 短冊:学問初動が上手くなりますように、
    と願い事を書いてお祈り
  2. かみごろも:病気や災いから身代わりになってくれる人形型飾り
  3. 折り鶴:家族の健康、長寿、家内安全
  4. 吹き流し:織り姫の象徴です
  5. くずかご:清潔と倹約
  6. とあみ:豊漁、自然への感謝
  7. 巾着:お金を入れる財布、節約、貯蓄

 





コメントは受け付けていません。