さいちのおはぎと弁当、500円が贅沢な弁当



主婦の店さいちで「さいちのおはぎ」を買ってきました。

ほのかに甘い
おはぎというと甘いものという印象があるが、
このさいちのおはぎは、まず大豆の味が来る。

大豆の美味しさを大切にしている。

甘さは本当に控えているのでパクパク食べられる。

これは人気になるはずだ。

そして購入するときに言われるのが、

「賞味期限は今日までです」

ということは保存剤などは使っていない証拠ですね。

さいちのおはぎ

土日は激込みです。

平日9時ごろに行った時でも駐車場はいっぱいでした。

購入するなら平日の早朝がおすすめ

主婦の店 さいち
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27
電話:022-398-2101
営業時間:9時00分~19時30分
定休日:水曜日

これは贅沢や

仙台っ子の特権だろう、この贅沢!

秋保温泉に存在する小さなスーパー「さいち」。
そのおはぎが飛ぶように売れて、おはぎだけで年商2億円は売り上げている。
惣菜も入れると売り上げは倍以上はあるだろう。

おはぎ


ほのかに甘い

おもち

あんことずんだのお餅

きなこのお餅

あんサンド

有りそうでない無い、あずきサンドイッチも購入
(名古屋の小倉トーストよりバター控えめ甘さ控えめ)
パンの裁断面だけにボリューム持たせるコンビニのサンドイッチと違いあんこが多い。

並んでいると圧巻ですね、もちろんできたてを購入。


さいちのおはぎとお餅

1個100円プラス消費税

ゴマのおはぎ
(食べきれず冷凍保存しました)

さいちのお弁当

今回は「ホッキ飯弁当の感想」を
ーーーーーーーーーーーーーー
さいちの弁当 「ほっき弁当 500円」

炊き込みご飯を一口食べたらシイタケの香りがした。
ほっき貝を煮込んであり、しっかり旨味が出ていた。

食べていくうちに、
五目御飯の上に振りかけてある青菜がピリリと効いて、
食事のいいアクセントになっている。

この青菜は葉ワサビを刻んだものと思われる。
炊き込みご飯だけでも十分おいしく堪能できる。

昆布巻きは甘すぎずおいしい、
大根は染みていておでんの様だ、
だしは烏賊と一緒に煮込んでいるのか?

白い炊き込みは白菜か白ネギだと思ったらシナチクだ。
このシナチクは胡椒をふりかけてあり
ちゃんとほかの物とは別の味付けをしてある
このシナチクも好きだな

卵焼きはほんのり甘く
細かき刻んだニンジンなどの野菜がうれしい



揚げ物はコーンクリームのコロッケ

製造日が平成30年8月23日で賞味期限も平成30年8月23日
手作りで食品添加物も使わない弁当

たったの500円は安すぎで
購入した私がこれで利益が出ているか心配になるくらいだ。

注意)醤油が2本ついていたが是非素材の味を堪能するために、醤油を漬けないで食べてほしい

おいしい総菜

五目煮とふきの煮物

フキの煮物次は購入しよう


おでんみたいな詰め合わせも「五目煮」もおはぎに並ぶ有名でした
購入すべきでした。次回は確実に。

太っといきんぴら、おいしそう

細い方のきんぴらは購入、次回は太いきんぴらを狙います。

金時豆

赤飯、やす~ぃ

舞茸ぶかし

舞茸の炊き込みご飯、香りがいいでしょうね

ねりもの

1枚が大きいです。

大人の手の平ぐらいあります。

きんぴらを購入

お会計がやすい

ホッキ弁当が500円にはびっくり
ほかの総菜も安い

総額で1332円でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

さいちは企業としても尊敬できます。

企業理念を見ると、こういったお店なら食べたいと思うよね。

お客によし

従業員によし

会社によし

アマゾンの本にもなっています

さいちのスーパーの企業理念がアマゾンで本になっていたので引用

売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法

仙台の山奥にありながら、全国からお客様がひっきりなしにやってくる秘密と、「さいち式・非常識経営の13か条」を初公開!13か条とは……
① 売れる商品に特別な素材は必要ない
② チラシは打たない
③ 職人は採用しない
④ 化学調味料、添加物は使わない
⑤ レシピ・マニュアルは必要ない
⑥ 経営ノウハウは出し惜しみしない
⑦ 「アナログ閻魔帳」の効用は、エクセルでは見えない
⑧ 取引先と価格交渉はしない
⑨ 倉庫は持たない
⑩ ロスゼロの計算で、売れ残りは計画に入れない
⑪ 誰も見向きもしない「規格外」を無駄にしない
⑫ 支店は出さない
⑬ 同業他社はライバルではない

さいちのおはぎyoutube
https://youtu.be/soQxcgklZQE

支店を出さないので仙台に来ないと食べられない
(期間により仙台駅に出張販売の時も有り、数時間で売り切れ)

お金を出して食べられる贅沢いいものだが
ここでしか食べれない心こもった弁当を食べるのも贅沢

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください